PAGETOP

【無料ウェビナー】脂質ナノ粒子の作製から物性評価まで、創薬開発に頼れるプラットフォームのご紹介

2022/11/20

セミナー

Unchained Labs

詳細情報を見る

このウェビナーでは、サイズ調整可能で高品質なRNA-LNPを作るための、目的に合ったTFRスクリーニングの仕方やスケールアップの仕方を紹介します。また、作製したLNPをStunnerでどのように評価できるかも同時にお見せいたします。

完璧な脂質ナノ粒子(LNP)を作るには技術が必要です。流速と処方を一つずつテストし、適切なサイズのLNPを探すのは時間がかかり、貴重なペイロードを浪費してしまいます。また、スケールアップには新しいワークフローが必要な場合が多く、新しい遺伝子治療の研究には常にその様な課題があります。

Nunchuck(ヌンチャク)は、最適なサイズのLNPを作るために必要な2つの重要なステップ、すなわち全流量 (Total Flow Rate, TFR) スクリーニングとLNP処方検討を組み合わせた画期的なプラットフォームです。わずか10分で8種類のTFRをスクリーニングし、スイートスポットを素早く見つけ、0.5から200mLの容量のLNPの作製にすぐに取りかかることができます。

また、作製したLNPはStunner(スタナー)を用いてペイロード量の計測などの物性評価を素早く行うことが可能です。

このウェビナーでは、サイズ調整可能で高品質なRNA-LNPを作るための、目的に合ったTFRスクリーニングの仕方やスケールアップの仕方を紹介します。また、作製したLNPをStunnerでどのように評価できるかも同時にお見せいたします。

■日時:12月5日(月)14:00~

■演者:Unchained Labs株式会社 フィールドアプリケーションサイエンティスト 大城 幸紀(おおしろ ゆきのり)

■ 主催:Unchained Labs 株式会社(アンチェインドラブズ)

【事前登録制・無料】