PAGETOP

発光・蛍光対応インビボイメージングシステム in vivo imaging system

発光・蛍光対応インビボイメージングシステム in vivo imaging system

  • 発光・蛍光対応インビボイメージングシステム in vivo imaging system
  • 高速画像取得(ストリーム読出し)が可能
ストリーム読出し(参照画像/発光(蛍光)画像をミリ秒にて高速切替)
メーカーGivetechs社
販売元富士フイルム和光純薬
メーカーサイト製品ページ
カタログダウンロード製品カタログ

製品の特長

高速画像取得

バイオイメージングソフトウェアMetaMorphを使用

対象物に最適なカメラ選択が可能

高速画像取得(ストリーム読出し)が可能

発光(Luminescence)・蛍光(Fluorescence)測定が可能

高い拡張性:フラットヒータを小動物専用タイプへ変更も可能

概要

MIIS多機能インビボイメージングシステムは、ミクロ光学系(倒立顕微鏡)下での生細胞観察から開放絞値 f0.95マクロレンズを用いた小動物体内、ゼブラフィッシュまたは、植物試料からの微弱発光や蛍光画像取得が可能なインビボイメージャーです。

画像取込み・解析ソフトウェアにはバイオイメージングソフトウェアとして国内外で数多くの納入実績のあるMetaMorphを使用し、MIIS専用タスクバーにより初めての方でも安心してお使いいただけるよう工夫されています。

検出用カメラは、高感度EMCCDや広視野冷却CCD/sCMOSカメラから選択いただけ、蛍光観察時は標準で高輝度LED光源を用いておりUV光による光毒性を除去しつつ、光源由来の強度揺らぎも取り除き高い信頼性も維持します。

また、すでに蛍光顕微鏡システムをお持ちのお客様のイメージング機材を有効活用し、必要な部分のみを拡張のうえ再構成させることで、コストも抑え機能拡張させることも可能です。

仕様

型式in vivo imaging system
サイズ400(W)×360(D)×930mm(H)
質量該当項目: なし
電源該当項目: なし
その他ステージ: 電動昇降タイプ
撮影レンズ: 解放絞値f0.95、50mm
カメラ: 背面照射型EMCCD(1024/512)、正面照射型C-CCD(6M)
メーカー希望小売価格(税別)お問い合わせ下さい
表示価格は代表的な仕様のものです。詳細はお問い合わせください。

関連の機器一覧

注意事項

  • 価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
  • 表示している参考価格に消費税等は含まれておりません。