PAGETOP

    メーカーミルテニーバイオテク
    販売元ミルテニーバイオテク
    メーカーサイト製品ページ
    カタログダウンロード

    製品の特長

    組織分散とホモジナイズを自動化・標準化

    2検体同時処理に対応

    自動組織分散で時間の節約に貢献

    サンプル調製手順の標準化

    キャップを閉じて操作でき、実験者の安全に高い配慮

    無菌操作が可能

    自動組織分散・破砕装置

    専用チューブ・プログラム・組織別プロトコールを組み合わせ、自動で組織を分散・破砕できる『gentleMACS シリーズ』のベーシックモデルです。

    サンプル調製を標準化されたシステムで行うことにより、再現性と信頼性の高い実験結果を得ることができます。分散・破砕が密閉チューブ内で実行されるため、感染性検体のサンプル調製にも最適です。

    紹介ムービー

    仕様

    型式該当項目: なし
    サイズL347×W215×H195 mm
    質量4.7 kg
    電源100–240 VAC、50/60 Hz
    その他消費電力: 320 VA
    回転速度: 200–4,000 rpm
    Heating unit 加熱温度: 機能なし
    メーカー希望小売価格(税別)お問い合わせ下さい
    表示価格は代表的な仕様のものです。詳細はお問い合わせください。

    ユーザーズボイス

    アイコン
    良い製品でした。

    簡単で使い易いがランニングコストが高い

    簡単で使い易いがランニングコストが高い

    国立研究機関
    2020年12月
    アイコン
    良い製品でした。

    コストがかかるので、使用頻度は少ないが、大切なサンプルの際は使用している。

    コストがかかるので、使用頻度は少ないが、大切なサンプルの際は使用している。

    Y.I様/国立大学
    2020年12月
    アイコン
    良い製品でした。

    様々なプロトコールが用意されておりチューブをセットすれば誰でも簡単に細胞懸濁液を調製できるすぐれもの・・・

    様々なプロトコールが用意されておりチューブをセットすれば誰でも簡単に細胞懸濁液を調製できるすぐれものです。

    -- 続きを読む場合、こちらをタップ --

    T.K様/国立研究機関
    2020年12月

    関連の機器一覧

    注意事項

    • 価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
    • 表示している参考価格に消費税等は含まれておりません。