PAGETOP

Patchliner

Patchliner

  • Patchliner
  • 測定データ例
  • 測定データ例
  • 解析ソフトウェア
メーカーNanion Technologies GmbH
販売元ナニオンテクノロジーズジャパン
メーカーサイト製品ページ
カタログダウンロード製品カタログ

※リンク先で情報を閲覧する際に、ログイン・フォーム入力等を求められる可能性がございます。

キャンペーン中!

2022年03月31日から2023年03月31日まで【40%OFFキャンペーン】4ch / 8ch オートパッチクランプシステム

詳細を見る

製品の特長

マニュアルパッチ同様の実験自由度でミディアムスループットを実現した、卓上サイズのオートパッチクランプシステム。

Quattro または Octoの 2モデル(4ch または 8ch アンプ)

最大48細胞、同時測定

250~600データポイント/日

ギガシール形成/ホールセル形成までを自動化

電位依存性&リガンド依存性チャネルに対応

カレントクランプによる活動電位の測定も可能

ダイナミッククランプ可能

温度コントロール、細胞外/細胞内灌流可能

クーリングプレートにより細胞と化合物の冷却が可能

ホウケイ酸ガラス製のチップにより、化合物の吸着を低減

優れた解析ソフトを付属

製品の概要

ギガシール形成した8細胞までを同時測定できる卓上サイズのオートパッチクランプシステムです。簡単な実験のセットアップ、安定したホールセル記録、洗練されたソフトウェアにより、極めて効率的な化合物のイオンチャネルスクリーニングが実現します。

【測定性能】

・正確な膜電位固定

・初代細胞への適用

・インラインヒーター内蔵分注ピペット

・高速な溶液置換 – 化合物の短時間暴露

・カレントクランプ法の自動化、ダイナミッククランプ

・細胞内灌流

【解析性能】

・フルドーズ/細胞での用量反応試験

・~100 用量反応曲線 /日(600 データポイント)

・~300 化合物/日の解析

・複数のデータファイルも一括解析

・簡便なデータ解析 – 数クリックのみ

仕様

型式04 1002
サイズ560×620×530 mm(本体)
質量20 kg(本体)
電源
その他チップ抵抗: 2MΩ(シングル/マルチホール)
シール抵抗: >1GΩ
シリーズ抵抗: <10MΩ
溶液使用量: ~25μl/化合物
灌流時定数: <20ms
最小暴露時間: 200ms
ホールセル記録成功率: 70~90%(細胞種差が少ない)
スループット: 250~600データポイント
メーカー希望小売価格(税別)お問い合わせ下さい
表示価格は代表的な仕様のものです。詳細はお問い合わせください。

関連の機器一覧

関連の受託サービス一覧

ウサギポリクローナル抗体作製 - バリュー抗体

ユーロフィンジェノミクス

70,000
円〜 (税別)

ウサギポリクローナル抗体作製 - バリュー抗体

タンパク質発現受託サービス Expi293 発現系

サーモフィッシャーサイエンティフィック

タンパク質発現受託サービス Expi293 発現系

GeneArt CRISPR Nuclease Vector 構築

サーモフィッシャーサイエンティフィック

75,000
円 (税別)

GeneArt CRISPR Nuclease Vector 構築

注意事項

  • 価格及び、サービスの仕様・内容などにつきまして、予告なしに変更されることがあります。
  • 表示している参考価格に消費税等は含まれておりません。